読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkeng3’s diary

シゲ♡♡

伝えたいこと

 終わってから、叱られました、娘に。

 うるさい!Twitterじゃないんだから、つぶやかないで。

……でもさ、出ちゃったんだよね

「やべえ」「まじか」「すげえ」

このワードが。

 

 楽しみにしていた名古屋公演。大激戦で、やっとのことで

手に入れたのが、名古屋ラストの日曜日夜。その日は、

午前中でかけていて、まあ、ほんの200キロ弱運転して

ですね、帰ってきて。ちょっと休憩して、会場へ向かおう

かな、とTwitterのぞいたら、何やら不穏な空気が。

 

 でも、シゲのことだから、きっと持ち直すし、

大丈夫だろう、と思い直して。会場へ行きました。

なんとか、会いたい方にはお会いできて、やあ、

NEWSっていいねえ、と分かち合い、シゲどうかな、

なんて話しながら、30分前には会場入り。

 

 ほんとに、待っているだけで、NEVERLANDな空間

だから、早く入りたいのです。小山くんへのメッセージ

うちわを作ったうちのJKの気持ちが届くとよいなあ、

シゲどうかな、と待っていました。

 

 そして、過ごした2時間半。

 

 終わって最初の感想はこれ。

 最初こそ、そして、忘れたころに、胸、というか、

喉元?いや、私が大好きなデコルテのあたりに手を当てて

歌っていたシゲが、そこにいた。歌声は力強く、たまに掠れて

いるようなこともあったけど、気にならなかった、正直。

 

 NEWSって、本当に歌にこだわっている。

 歌うのが楽しくなってきた、とシゲも話していたし。

 生歌で、しかも、ダンスもメリハリをつけて踊りこんでいて

 

 大事なことだから繰り返します

 

 生歌で

 

 コンサートに行くと、ああ、CD通りの歌声だなあ、って

思うことがありました。それって、実はすごいことで、

今時、たいていの曲は補正をかけているし、よいとこを

うまくつなぎ合わせることだってできる。でも、それを

LIVEでそのまま歌えるというのは、いつもそのピッチや

テンポで歌えるというすごさなわけで。

 

 でも、(私はNEWSに甘いから)

 

 このツアー、CD音源を超えてきてるのがNEWSなんだ。

 

 というか、NEWSって、生歌なので、LIVE DVDが

出ると、そっちのほうが断然よくなっちゃうのです。

この日のNEWSは想いが強くて。強くて。4人が変幻自在に

歌割を超えて、歌を盛り上げていくのです。

 

 まあ、登場はね、サイドの関係で、シゲサイドじゃなかった

けど、まっすーサイドで。大好きなふわふわアレンジで

雄々しく歌うまっすーを見て、思わずひれ伏したくなった

のは、内緒。この髪型は、どストライクすぎて、ありがとう

しか言えないのです。前髪に片目が隠れるとかさ、最高

しかないじゃない。伸ばしてくれて、ありがとう。

シゲの声、(ちょっと隣が心配!心配!って騒いでて、

それを聞いたら、逆に、いや、うちのシゲがそんな心配

かけるようなことしないから、黙ってて、みたいに

思っちゃったの、ごめんよ)遜色なかった。

シゲが歌いたいレベルじゃなかったかもしれないけど、

十分な迫力で、素晴らしい眼力で、あたりを圧倒して

いる。まあ、NEWS4人の迫力に圧倒されてるわけですが。

 

 やっぱ、大丈夫だ、この人はすごい。

 

 って思いました。

 

 ダンスでは、本当に体幹がしっかりしているので、

上体がブレなくて、きれいなターンを決めるし、

歌声は魅力的なハスキーさが少し増したかな、と

思うくらいで。(だから、私はシゲに激甘)

そこも魅力的で。

 

 歌もダンスも正直、心配なかった。

 

 最初に花道を歩いてくるとき、シゲが先頭で

小山さんが後ろを歩いてくるのだけど、この日は

すぐに小山さんがシゲの肩を抱いて歩きだして

何かシゲに話しかけて、シゲが嬉しそうな笑顔

見せてるのを見て・・・・・・・・

 

コヤシゲ担爆発するよね。

 

ここだけでなく、小山さんは、さりげなく

フォローするし、歌割もちょっと変わって

いたのかな(私はあまり気づいてないけど

お友達が教えてくれました、ありがと)

目まぐるしく変化していくステージ。

 

そういう小山さんもちょっとかすれ気味かな

とも思ったけど、やや不安定になっても、

ぐぐっと戻るんだ。ピッチが。やっぱ、

生歌のピッチが正確で、それを聴き慣れて

いるから、すぐに戻れるんだなあ、と。

もともと、テンポ感は抜群の方で、

しなやかなダンスは、まあ、隣で

小山担はきゃあきゃあ言ってましたわ。

すぐに戻るとこに、感動してて。

 

また、テゴシゲのハモが美しい曲も

きっちり歌っているから、正直、それほど

気にならなくて、まあ、遠いから、それほど

細かな動きは見られないけど、こぅ、

気持ちがその上に乗っかってる歌を

NEWSがどんどん歌うからさ、圧倒され

ちゃうじゃないですか。

 

 某曲の手越くんのフェイクなんて、

めっちゃかっこよく進化してるし。

これからこれ??という魅惑の曲は

踊りながら聞いてるファンも視界に

入り、ああ、これって素敵な空間だなあ

なんて、思いながら、棒立ちで双眼鏡を

覗くという・・・・・・どれだけ、

シゲの顔好きなの、自分(笑)どの

表情も逃したくないんだよね。

 

 で、これも友達が教えてくれたけど、

手越くんって、コヤシゲがうまく歌が

はまると、いいね!っていう気持ちを

彼らに送るらしく。そんな素敵な空間が

何回もあったらしい。

 

 NEWSはいろんな形で、ファンの近くへ

行こうとしてくれていて、その姿を

眺めるだけで、ご利益あるような気持ち

になってくる・・・。なんというか、

ご利益なんだよな。

 

 近くに来たメンバーをめっちゃ声かける

と、こっち向いてくれたりするから、

やめられないわ、LIVEって。

 

 それが、MCになると、とたんに

シゲの声が変わってた。びっくりした。

でも、歌えてるじゃん、マジ??って。

で、慶ちゃんに早速絡む。まあまあ、って

慶ちゃんが収めようとしても、隣でテゴマス

まで、シゲを甘やかす。何?この平和な空間。

平和って書いて、NEWSって読むのかな?

「〇〇を愛してるかーー??」っていう煽りに

執着するシゲがめちゃくちゃかわいかった。

で、結局「慶ちゃん」って、いや、

「けーちゃん!」って嬉しそうに話しかける

シゲの笑顔プライスレスだったよ。

 

掠れると、よけいにシゲの地声が高いのが

バレる。つまり、オネエ言葉になってきて。

「踏んづけちゃう!」を連呼したシゲ、

めちゃくちゃかわいかった。

 

 まあ、シゲが心配なんだろうね、MCの

ネタがまさかのネタ切れ(笑)。客席に

聞いてみようっていう荒業に出た。

で、男性に、と切り返し、聴いたのが

「1部と2部の間は何をしていますか?」

ほんと、GJ.わかってるファンでした。

 

 ここが末っ子とお兄ちゃんで過ごし方が

ちょっと違うのがNEWSだなあ、と

思いまして。

まあ、基本的には、シャワーからの

マッサージなのかな、あとはフリータイム

で、名古屋なので、差し入れの鰻、

ひつまぶしなのかな、を食べたらしい。

慶ちゃんは、朝に続いて昼もカレーだった

らしいけど(笑)

かねてから、ジャニーズのこういうデリバリー

ってよいらしく。英気を養った彼らは

思い思いに過ごし・・・

 

まず、手越くんは、携帯ゲームを

大音量で、しかも、子供のように

大声でツッコミを入れながらずーっと遊んでいる

らしい。・・・・・・・・小学生かっ!!

 

 まっすーは、MADEの稲葉くんとずっと遊んでる。

この人は、人が好きなんだなあ、と思いました。

その向こうで、小山さんは、キャンディーを壊す

某有名ケータイゲームをひたすらにやりこんで

いるとか。だれに迷惑をかけるわけでもなく、

頭を空っぽにしたいのかな、なんて思ったり。

 

 で、まっすーがメイク時のBGMにケータイ

から、Bluetoothスピーカーに音を飛ばそうと

チェックしてたら、スピーカーから流れて

くるのは、ケータイゲーム……まじか??

 

って笑ってたら、まさかの末っ子シンクロ。

 

 シゲはシゲで、一部のステージをPCで

チェックする。

かなりの大音量で。

シゲは気にはしていたらしいけど、まあ、

メンバーも何も言わないので、自分の

歌のとこだけ部分的に飛ばしながら

ほぼシゲNEVERLANDだったらしい(笑)

 

 テゴシゲが自由に大音量で聞いてるなか、

ケータイに向かうリーダーとJr.に遊んでもらう

まっすー。

 

 なんとも、NEWSだなあと思いました。

 

 まあ、そのメイクのおかげで、まっすーが

ふわふわヘアになってくれて、よかった。

 

 さて、それぞれのソロですが。

 

 まあ、シゲはですね、高音も出てて、

迫力のパフォーマンスで、汗びっしょり

で歌う姿に、もう、感動しかないじゃない。

「あやめ」って、しげの優しさと高潔さと

崇高さと(いかん、神格化してきた)美しさ

の結晶みたいなもので、純シゲアキって

感じで、もう、語れないって感じ。

 

 とにかく、歌が、上ハモを代わったり、

LIVEならではの展開だし。小山さんも

まっすーもソロが、さらに気持ちが乗って

きて、新しい曲を聴く気持ちになれるし。

手越くんは、何を見せてくれるのか

こうご期待。あの歌声って何なのだろうか。

歌うために生まれてくる、っていうのは

手越祐也のためにある、といつも思う。

彼の可能性はどこまで広がるのだろうか、と

いつも思う。この場で彼の歌声を聴ける

幸せを実感する。もちろん、まっすーの

歌声も素晴らしく。テゴマスって、

透明感がありまくってて、浄化されるん

だよね。そこに、リアル感のあるシゲと

小山さんの歌声が加わるNEWSって、

ファンタジックでもあり、リアルな

男性の歌声な側面もあり…

 

 小山さんは、つくづく、言葉を伝える

人だなあと思うのですが、ここに気持ちが

ぐわーーーんと乗っかる感じで、

まっすーも大きく一歩を踏み出して、自由に

気持ちを羽ばたかせようとする世界の広がり

を感じる歌声で。

 

 シゲの歌声は、強く、やさしく、時に高く、

時に低く。とにかく力強く歌を引っ張る。推す。

歌いながらのパフォーマンスもほんと上体が

ブレないから、キックしながらの歌なんて、

卒倒したくなるレベルのかっこよさ。

 

 そうそう、私の好きなしぐさはですね、

垂れてきた前髪をこぅ、触るしぐさでして。

それ見ると、心の中きゃあああああああああああです。

 

 会場が必死に見守る感じになってくると、

だんだん、「え??うちのシゲは大丈夫ですけど?」

みたいになってくる自分がめんどくさかったです。はい。

 

 と思えるくらい、気持ちが乗っていた。だから、

歌が広がっていた。ステップをあがった世界を

見せてくれるんだ、という未来を感じたよ。

 

 まあ、お互い合唱する曲があるわけだけど、

NEWSって、すごく気持ちをこっちにぶつけてくる。

だから、こっちも必死に歌う。このときは、しげは

客席全体を見渡し、声を歌を届けようと、魂から

叫んでいたと思う。

 

 泣くとかそういうのじゃなくて、届けたい。

 

 そんな気持ちが伝わりすぎるのがシゲで

あり、NEWSだった。

 

 やっぱ、重いわ。

 

 でも、4人がさらなる上のステージを目指していて

その背中を見上げることができてるのかな、って

思いました。

 

 どうして、世界中の人がNEWSの良さに気づかない

かなあ??

 

 と思っちゃいますよ。

 

 真摯に歌に立ち向かい、求道者のように、追い求めて

常に最上を見せたいというメンバーだからこそ、

しげは、悔しさを伝えてきたけど。声の質とかじゃなく

気持ちを伝える強さが伝わるLIVEだったと思うし。

 

 いつもNEWSのライブは夢とワクワクとどきどきと

幸せをくれるなあ、と思いました。NEWSのファンって

幸せだなあ、と。

 

 ファンになるなら今だよ。

 

 そして、翌日、かねてから噂のあった小山さんの特番

が発表されました。どうする?小山さんのMCスキルが

フジテレビにも見つかってるよ。日テレ、TBSときて、

フジテレビ・・・。小山さんのスキルは、一番って

わかってるから。安心しかないし。立ち姿麗しく

優しい声で、相手の立場を尊重したインタビュー。

そして、気づかせない頭の回転の速さ。

NEWSのMCがめちゃくちゃ面白いのは、やっぱ

小山さんのおかげ。シゲも回転はやいし、

そこに、自由人手越くんがいて、フリーダム

まっすーがスキルを上げてきた。まじで、

まっすー面白いから。すべらない。面白い。

4人とも面白いMCが見られるのは、今のところ

LIVEとNHK BSってのが残念だけどさ。

 

きっと、もうすぐ、レギュラー増えるよね?

おかしいよ、めっちゃ面白いから。

 

東京ドームオーラスまでに、何かお知らせ

あるといいなあ。

 

 なくても、変わらず応援します。

 

NEWS MAKES YOU HAPPY!