kenkeng3’s diary

シゲ♡♡

WORLDISTA ログアウトできる??

NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA

 

思い返す毎日で、いまだにアルバムを

繰り返し聞いています。

(これは、たぶん、明日までwww)

それくらい楽しかったから。

 

何がよかったのかなあ、と思い出すと、

やっぱ、近さを感じたからだと思う。

 

去年のEPCOTIAはアリーナツアーで、

私はオーラス前のさいたまスーパーアリーナ

400レベルでその素敵な空間を堪能していた。

Strawberryの発表に沸いたそのときを。

 

それから、開催を願い、祈ったStrawberryが

スタジアムで開かれた。大きな会場で、

バクステ寄りのアリーナ(めっちゃ水をかぶったのは

よい思い出)とアリーナほぼセンターくらいの

ここは愛のスポットど真ん中だなあ、と実感する場所で。

その真ん中で、雨を落としそうな空を見上げることができた。

あのときの、ゆったりと流れる風の心地よさは忘れられない。

 

秋には、幕張メッセ。大きな会場。90番台の列からの景色は

壮観なものがあり、その会場の多くをNEWSファンが

占める景色は、改めて、その層の広さを実感した。

 

そして、迎えたドームツアー。カウコンは、

まっすーがバルーンで上がってきたスタンド席で、

Love Storyはギリギリ歌うパートだったなあ。

全部歌うパートでした(笑)

東京ドームも大きくて、スタンド席から見る彼らは

本当にかっこよかったよお。

 

スタジアム、幕張、ドーム。

 

ひっさびさのアリーナ感。

15周年ってすごかったなあ。

 

というわけで、

まず、「物理的な近さ」を実感した。

 

近かった。

 

くたくたになりながらも、

夜の高速を走ってたどり着いた福井。

サンドームは天気が良くて。

のどかな雰囲気があった。

 

はあああああ、来ることができた。

実感したなあ、このトラック。

震えるくらいかっこよくて、

楽しみで。

誘ってくれた友達にちょっと聞いたりして、

聞いてワクワクが増えるだけで、

もう、ここにいることが信じられないくらい幸せ。

 

サンドームは、以前にKAT-TUNのNMPや平井堅くんで

来たこともあり、その音の良さ、コンパクトさは覚えていた。

 

幸運にも3回全部入ることができて、

やっと、やっとだなあ、と思ってた。

 

3月からツアーが始まって、レポを見てたけど、

まあ、週末も忙しくて・・・・・・よく行けたわ、自分。

 

 センステ近くの席で、ずっと見たかったNEWSが

そこにいて。シゲがそこでソロを歌い。あの

Wonderを見られて、夢のようでした。

 

 シンプルなセットはWhiteを思い出した。

でも、ビジョンはとんでもない大きさで、

Whiteのときは、固定されていたステージは

可動式で、自由に上段ができたり、フラットになったり。

ビジョンで繰り広げられる世界は、おそらく

シゲが監修してるから、見たいとは思うが、

手前のNEWS見てた。そうなる。

 

 NEWSKOOLもうれしかった。QUARTETTOの

シゲを思い出した。めちゃくちゃ楽しそうに歌うんだもん。

NEWSメンバーって。しかも、その時より、余裕があるから

魅せる。

 

 Whiteのドーム公演は天井席で、風船が落ちていくなあ、って

下を眺めていたし、Wonderは、群舞だから、

シゲはどこ??って必死に双眼鏡で見ていたなあ、とか

思い出した。あのシゲは、ほんと、脳裏に焼き付いてるからさ。

それをまた。ほんと、少プレ様様です。

 

 これは物理的に近かった、という自分の感想なんだけど、

やっぱ、アリーナは近い。ドームとは違うなああ、と

思った。

 

 そして、何よりも。

 

 心理的な近さ

 

 それは、「NEWSに恋して」で、毎日

NEWSみくじを引き、イベストでわぁわぁいいながらも、

本編は何度もシゲを繰り返しながらも、

そこにいる、って思わせてくれるこの錯覚、最高!!!

 

 そして、インタビューやラジオで繰り返し

伝えられるNEWSメンバーの言葉。

これが、やっぱ、近さを実感する。

 

 シゲだよね・・・・

 

 シゲの言葉がね、距離感を感じさせないんだなあ。

 

 毎週日曜日夜は、眠れない「おやすみ」からの

友達とのやり取り。

 

 テレビに出れば、SNSで大盛り上がり。

 

 雑誌が出た、なんだ、かんだ、と盛り上げる。

 

 NEWSメンバーの言葉は、変わらないから、

ずっとファンを一番に思ってくれているから。

 

 近いんだよ。

 

 その近さが、彼らの魅力。

 

 そこにすっぽりはまると、もう、ねぇ。

 

 離れられない。

 

 で、新曲の「トップガン

 

 トップガンはファンだと思ってたら、

MVでは、まさかの彼らがトップガンwww

 

 で、「Love Story」は、あのコーラスが。

いつもフル解禁をしちゃうNEWSなのに、

この曲だけは、ラジオでフル解禁しない。

はあああああ、大事にされてる。

 

 で、終わったらすぐに次の「STORY」という

タイトルも発表され。

 

 Yがさあ、シゲでさあ、Yにリボン掛けてるようにも

4とも読めるような字体で気持ち表されたらさあ。

 

 好きしかないじゃん。

 

 どうしよう。

 

 ログアウトできないわ。

 

 そもそも、まだ、NEVERLANDの中にいるけど。

 

 EPCOTIAから帰ってきたけど、

WORLDISTAが楽しすぎて。

 

 今の願いは、

 トップガン・Love Storyが、

 彼らのSTORYを叶えるきっかけとなること。

 

 STORYの次は・・・

 

 今は、まず、トップガンだね。

 

 

 

 そうそう。

 長野は、ドリフェス並みの広い会場で。

 アリーナ後方は全然見えなかった(ステージ上段と

ビジョンで楽しむ)けど、

あの「U R not alone」のファンの合唱がすごかった。

地鳴りか、と思うくらい、声で包まれた。

その歌声を4人で受け止めるんだもん。

いっぱい、彼らにバワリー届けられただろうな、と

思う。

 

 福井と、さいたま、長野、でいろんな方とも

お会いできたし。

 

 これからも、お花畑だけどさ、

楽しむね。

 

 楽しみだよ、トップガン

 

 まとまらないわ(笑)

 

 NEWS MAKES YOU HAPPY!

 

 Shigeaki makes us happier!

 

彼らのSTORYを最高の形で。

その次の世界を見せてくれますように。

 

 

NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA (DVD通常盤)

NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA (DVD通常盤)

 
EPCOTIA(初回盤)(CD+DVD)

EPCOTIA(初回盤)(CD+DVD)

 
NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA(Blu-ray初回盤)

NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA(Blu-ray初回盤)

 

 

 

WORLDISTA (初回盤) (CD+DVD)

WORLDISTA (初回盤) (CD+DVD)

 
WORLDISTA (通常盤)

WORLDISTA (通常盤)

 

 

そして、シゲ☆

 

 

行きたくない (角川文庫)

行きたくない (角川文庫)

 

 

 

小説 TRIPPER (トリッパー) 2019年 夏号 [雑誌]

小説 TRIPPER (トリッパー) 2019年 夏号 [雑誌]

 

 

 

チュベローズで待ってる AGE32

チュベローズで待ってる AGE32

 
チュベローズで待ってる AGE22

チュベローズで待ってる AGE22

 
傘をもたない蟻たちは (角川文庫)

傘をもたない蟻たちは (角川文庫)

 
ピンクとグレー (角川文庫)

ピンクとグレー (角川文庫)

 
Burn.-バーン- (角川文庫)

Burn.-バーン- (角川文庫)

 
傘をもたない蟻たちは

傘をもたない蟻たちは

 
Burn.‐バーン‐ (単行本)

Burn.‐バーン‐ (単行本)

 
閃光スクランブル

閃光スクランブル