読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkeng3’s diary

シゲ♡♡

ミュージックフェアに4人で

NEWSは新曲EMMAで、

いくつもの出演をしている。

その中でも、

ミュージックフェアへの出演と

4人でコラボしていることの凄さ。

4人で勝負している今、

かっこよすぎて。

f:id:kenkeng3:20170212052702j:image 

 

いつもいつも努力している4人が好きなんです。

普通な歌が去年リリースできたけど、

枚数変わらなくて、

キャッチーな曲に戻ったけど、

どれもこれもNEWSしか歌えない歌なんだよなー。

 

先日、後輩達がチャンカパーナかな、

歌っていたけど、幼くて。言葉が伝わらなくて。

いつも、ありったけの想いを載せて歌うNEWSに

慣れているから、物足りなかった。

 

NEWSはいつも、その時の精一杯の気持ちを

載せている。

 

それに麻痺しちゃダメだなぁ、と思いました。

 

で、ミュージックフェア

テゴマスが歌を引っ張るグループなんだけど、

f:id:kenkeng3:20170212052758j:image

f:id:kenkeng3:20170212052040j:image

これだよ、コヤテゴもマスシゲも行けるグループに

進化してるよ。

どれだけ頑張っているのか。

改めて、レタスクラブの手越君のインタビュー

思い出して。

 

で、トークは万全。

シゲアキが一番司会の2人に近い。

f:id:kenkeng3:20170212053004j:image

急に突っ込まれても、対応できるの、強いなぁ。

f:id:kenkeng3:20170212053048j:image

このそれぞれの衣装も個性が際立っている。

まっすーは流行りの刺繍入りのセットアップ。

慶ちゃんはデザインが特徴的で、キャスターからは

かけ離れたおしゃれなトップにスリムボトム。

てごちゃんは、白シャツにダメージデニムで、ジレで縦感を出してて。

シゲアキは、コンパクトなブルゾンで、

カジュアルな中にもキッチリ感を出してる。

4人はみんな違って、皆いい、を具現化してるなぁ。

 

歌は、落ち着いたセットで。

安心して見られました。

f:id:kenkeng3:20170212053618j:image

このEMMAスタンドの良さを1,000%生かしてる

四分割。この人たちのカメラアピの強さを

わかってくれてる。

f:id:kenkeng3:20170212053740j:image

流し目はこうなるし。

f:id:kenkeng3:20170212053803j:image

もう、言葉なくなるわー。

f:id:kenkeng3:20170212053830j:image

一曲入魂

f:id:kenkeng3:20170212053858j:image

ここの手越君の視線

なかなかこんな表情見られない。

どれだけ歌に気持ちが載っているか。

 

披露する場が増えている。

掴め、今だ。

デビュー14年目かな、

そんな今、伸びようとする、

彼らを応援したい。

 

それぞれの良さを振り返ると

f:id:kenkeng3:20170212054112j:image

まっすーは、ダントツだな。

このトップは、コットンではなく、

厚手のジャージ素材かな。かなり張りのある

良い生地。

歌に自分がさらけ出されていて、

かっこいいとかいう簡単な言葉で

表現するのがもったいない。

 

f:id:kenkeng3:20170212054306j:image

シゲアキはこの背中。

どこからも見られている彼らを

端的に表しているかな、と。

とんでもない衣装を堂々と着こなすシゲアキ素敵。

 

f:id:kenkeng3:20170212054443j:image

この曲は、キャスターとはかけ離れていて、

これぞ小山慶一郎

を堪能できるわけで。

チャラ小山がいるのが、嬉しい(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)

NEWSの小山慶一郎小山慶一郎なんだよね。

 

f:id:kenkeng3:20170212054553j:image

 てごちゃん、どこも視線はカメラを逃さないし、

曲のロングトーンはキッチリ伸ばして

迫力増してる。

てごちゃんがNEWSにいてくれて、

本当に良かった。

 

来週水曜日は、

EMMAの完成形を見せてくれるかな。

フルでのパフォーマンス。

少年倶楽部プレミアム

という番組のありがたさを

思い知らされています。

 

常に、今を、身を切っても、

とにかく進み続けるNEWSを

応援しています。

 

ドームツアーの場に立たせてあげられるのは

ファンの力しかないから。

 

来年こそは、ドームツアーになってほしい。

 

そうすれば、もっと多くの人がNEWSの歌に

パフォーマンスを生で見られるから。

凄い人たちだよ、って

伝わる日を実現させたい。

 

 

EMMA(初回盤A)

EMMA(初回盤A)

 
EMMA(初回盤B)

EMMA(初回盤B)

 
EMMA(通常盤)

EMMA(通常盤)

 

 

同日発売のシゲアキの夏が凝縮されている

ヨシノリ先生もよろしく