kenkeng3’s diary

シゲ♡♡

おひとりさま

今回の舞台「グリーンマイル」で、私は

とても贅沢なことにこだわった。

それは、東京グローブ座で観たい、ということだ。

 

地理的に、京都劇場のほうが近いし、

個人的な理由で、京都はたびたび訪れている。

そこに、さらに個人的な理由で、京都公演の

あたりは、出かけるのが難しくなってしまった

ので、この選択は、かえって、良かったのかなあ。

どうかなあ・・・。

 

さて、私が東京グローブ座を初めて訪れたのは

数十年前、沢田研二さんが音楽劇を開催された

ときのことだ。800人弱の劇場。

それまで、市民会館とかでコンサートでしか

見ていなかった沢田さんがそこで歌い

演じるのを見て、衝撃を受けたのが

今でも忘れないからだ。

 

というわけで、ふたたび、お友達に

さそわれて、グローブ座で「グリーンマイル」を

見ることができた。今回は、学生のころからの

NEWS担に引き入れたリア友Sちゃんと、数年来、

ツアーで会うたび、「ゆっくり話したいねえ」と

言っていたお友達Kさん。そして、なんだか

面白いんだけど、私に会いたいという

お友達のお友達Yさんは前後に(笑)なんでしょ、これ。

確かに、ご縁でお会いしたことはあって、

そのときに私が口走ったシゲちゃん愛が

強烈だったらしい(笑)。ほんと、

ジャニファンって、フットワーク軽い!

もっとも、シゲ担のお嬢様も一緒に観覧されたので、

そのご縁なんだけど、面白すぎる。いやあ、

フットワーク軽いってば。

 

今回は、ロケ地めぐりなるものも、

体験させていただいた。マチネのみの

参加だったけど、その前後もめっちゃ濃くて、

とても楽しい一日となりました。

シゲちゃんに感謝ですよ。

 

まず、私の習性として、なるべく早く

現地へ行きたい、というものがありまして。

予定より早く、東京駅に着きました。

シゲちゃんがビビットで訪れた例のパパブブレ

にめっちゃはまってる私は、とにかく

ここのライムキャンディーが買いたくて、

大丸の前で開店前から待ってました( ´∀` )

ここは、中野のお店で、先回、新井薬師へ向かう途中で

見つけたときは、うれしかったお店。今回は、

ここは遠かったので、東京駅で調達しました。

東京駅って、ほんと、広くて、丸の内側から、八重洲へ向かい、

待ち合わせに向かうために、また丸の内へ、ってぐるぐる回って

いたのが、昨日一日を暗示していた(笑)。東京、迷いがち。

 

待ち合わせは、地下鉄出口なんだけど、ここでも、出口下と上で

お互い待つ、という天然(笑)やっとのことで合流して、

その昔GIRL FRIENDで丸シゲが訪れたカフェへ。

おお、若いシゲアキ。

 

とても、素敵なお店で、何よりコーヒーが美味しかったです!

クロックムッシュとのランチセットにしましたが、

舞台前、やたら緊張して、あまり食べられない自分に

ぴったりすぎて、感謝です。

NEWS担しかいないから、まずは「NEVERLAND」の

素晴らしさについて語っちゃう、語っちゃう。

ああ、早く盤になって、お願い。

SちゃんもKさんもYさんもまっすー担。

とにかく、登場の増田貴久降臨のすばらしさで

ひとしきり盛り上がる。刀の持ち方だけで、

何分語ったことか(笑)シゲ担でも目を奪われた

あの登場シーン見ただけで、ツアー来たかいが

あったと思ったなあ。

 

で、Kさんがたびたび私のシゲちゃん

スイッチ押すから(笑)語っちゃう。

だって、ずっとかっこいいし、

全部いいから仕方ないよね。

すると、全力で受け止めてくれる。

うれしい。

まっすー担に褒められるシゲちゃん

ほんとに鼻高々だったよ☆

 

そこから、原宿駅へ向かい、グローブ座へ。

開演15分前くらいに入場し、

フライヤーも無事、ゲットできた。

今回は、1階ほぼセンターのセンターやや後方。

ごくゆるやかに1階も傾斜していて、本当に

見やすい。この劇場、最高っす。

舞台上がすべて把握できる。これ、大きい。

舞台は総合芸術、というけれど、

極限までシンプルにしたセットを生かすのが

音楽であり、照明。照明で、葛藤もだし、

長さもだし、いろいろなものを表現

していた。

 

ところで、

シゲちゃんの横顔が美しくて、見とれていた。

長いまつげ、上下に。だからこそ

余計にポールの心の動きが目で

伝えられていた。ううう美しい。

 

そして、コーフィーが空を見上げるシーンが

せつなくて、たまらなかった。

コーフィーとポールの心の交流が

進めば進むほど、悲しさと切なさと

つらさが倍増していった。

 

本当に優しい物語だった。

極悪人も出てくるのに、

圧倒的に優しく、そして切ない。

つらくて、悲しい。

でも、とても穏やかなのだ。

カンパニーの良さが

さらにパワーアップしていた。

 

この穏やかさって、シゲアキだなあ、と

思うし、看守主任として、仕事を全うする

熱量をもって生きるポールを

演じるにふさわしい。

 

看守たちも、死を前にした死刑囚も

一人の人間として、どうしようも

できない現実の前に、立ち尽くす。

どんな人でも。

 

死、ということを改めて考えさせられた。

 

死は、自分では決められない。

どのタイミングでやってくるのか。

奪われることもある。

 

いのちのうた、といい、シゲには

いきること、死ぬことを考え

体現する機会が立て続けにあり、

それで成長していくところを見られる

のはファンとして、楽しみしかない。

 

カーテンコールを終え、上手で改めて

一礼したポールは最後までポールだった。

 

それがこの「グリーンマイル」なのだな、と。

 

感情が一気にこみあげて、

動けなかった。

 

すごい人です。

 

この舞台を終えて、さらに

どれだけ深みを増すのか、

楽しみです。

加藤シゲアキさん。

 

終わってから、感想用紙に書き込んだ。

緑のペンを持っている自分、きも、

と思いながら、書き綴った。

待っていてくれた友人は、4枚くらい

書いてるか、なんて話してたらしいけど(笑)

 

そこから、タイプライターズで羽田さんと

訪れた新宿の居酒屋を目指した。

途中、新宿の地下で、上田君発見。

 

新宿に来たーーーーー!!!って思ったよね。

新宿駅でも少々迷い。新宿大きい。すごい。

 

おお、着いた~~。

 

「すきーーーーーーー」と言いながら、乾杯(笑)

美味しかった~~~。

感想を語り合い、これからのNEWSに

想いを馳せ。15周年が楽しみで仕方ないね、

と明るく考えられる今の私たち。

幸せだなあ。

本当にメンバーががんばって伝えてくれる

からだね。

正しい増田の扱い方とか、名言飛び出しまくりだし。

ひたすらにてごちゃんは可愛いしかない、とか。

小山の愛はすごい、すごすぎ。

シゲちゃんに対する、まっすー担、

めちゃくちゃほめてくれるんだけど

「でも、やっぱまっすーなんだよね」と(笑)

それがファンなんだよね。

今のメンバーがそれぞれを信頼し、

同じ方向へ向かっているのが伝わってくる

から、それぞれのファンが自信をもって

応援しているのが今のNEWSなんだな、と。

すごい応援団がいるからね、

本当に楽しみです。

 

こんな素敵な機会を作ってくれたKさんに

感謝してもしきれない。ありがとうございました。

Yさんもですが、NEWSをきっかけに、お会いできた方々

ありがとうございました。

Sちゃん、また遊ぼうね!なかなか会えないけど。

 

そうそう、air:manさんがいらっしゃってた。

あの帽子は、場内へ入るときはきちんと

取っていらっしゃいました。

うれしいですね、こうやって足を運んでくれて。

めちゃくちゃお忙しい方なのに。

 

帰り道、流行りに乗って、カズオ・イシグロ

文庫本を買ったらまさかのグリーン(笑)

シゲちゃんの本が出るのももう少し先っぽいから、

これを読むね。

 

いやあ、加藤シゲアキさん好きーーーーーー!!!!!

 

NEWS MAKES YOU HAPPY!

 

Shigeaki makes us happier!!!!