kenkeng3’s diary

シゲ♡♡

眠れない夜に

あー眠れない。

明日からしんどいのに、眠れない。

 

こーなったら、今話題のファンサの話を。

 

まさか、視界に入るなんて。

 

ってのが、一番かな。

以前は、沢田研二さんや平井堅さんのまぁまぁの

ファンで、ライブにも足を運んだ。

沢田さんはともかく、畏れ多くて近寄れなかった

けど、平井堅くんのKen's Barは、まぁまぁ

行ったけど、ついにテーブル席で見ることは

なかった。

 

かつんのコンサートも通い始めたけど、

いつも微妙に遠くて、そんな事

他人事でした。ファンサって。

 

こちらは、小学生連れた母親世代だからねぇ。

 

同じ会場でキラキラの可愛いお嬢さんが

たくさんアピールしてるのを

眩しく、横目で見ていた。

 

NEWSもそうでした。

 

関係ないわー、って。

 

それが、10thの時かな。一緒に入った友達が

チャラ小山くんのうちわ持ってて、

ちょうどリフターの小山くんが気づいて、

指さししたんです。

多分、それで、隣でテゴ担から小山担に

小学生転がり落ちた。

そーゆー事あるんだ!って、驚いた。

 

シゲちゃんは、色々見てるなーって、

思って見てたんですよ、ほんと。

 

Whiteの名古屋。初めてのアリーナにワクワクして、

スタンド見上げると、シゲうちわ増えたなぁ、って思いながら、見てた。自分の周りは、でも、

いないなぁ、って。

 

普通に公式うちわ持ってて。

そしたら、花道を歩いてきたメンバーの中で、

シゲが見つけてくれたんだなぁ。

手振ってくれたのかな。

初めてで、びっくりした。え???私だよ?

いいの??でも、周りにいないし、

そっか、私か。初めて彼の視界に入ったんだ、

って思った。

 

でも、QUARTETTOは、

隣の小山担か、見てたよ、って

言ってくれても、たくさんしげ担いるし、

視界にぼんやり入っただろうかな?

くらいで。

そんなもんっす。

静岡で、スタンド見ると、

まー、シゲうちわ多いし。

凄いなぁ、って、感激してた。

 

いや、私なんて、視界に入るの、

申し訳ない、って、ほんと、思うんだけど、

やっぱ、シゲうちわを握りしめて、

会場に向かってた。

 

それが、

ネバランかな。

スタトロ2列目くらいで、

シゲは、上手からぐるっと回ってくるのが見えて。バクステからメインステへ来る時に、

ドキドキしちゃって、隣の友達に

「どーしよーーシゲが来るよ。」って、

何度も話しかけてた。その時も周りは

シゲファンいなくて、まぁ、

立ち尽くしてたわけで。

 

シゲは向こう向いてたかな。いや、スタンド上を

見上げてたかな。あーーーーやっぱ、

通り過ぎたなぁ、って、見てたら、

ロッコ止まって、あ、降りるな、って思ったら、

クルッと振り返って、こっちに指さししたんです。

えええええええ?????

っすよ。腰が抜けたよ。私なんかに??

ふふって笑顔見せて、メインステに降りていった。

 

友達が、「かしちゃんだよ!おめでとー!」

って言ってくれて、我に返った。

 

視界に入ること、あるんですね。

 

静岡は、とにかくシゲに堕ちた友達

連れていきたくて、制作開放席で見られた。

小山さんのバースデーっす。

ちょうどケーキ掴もうとするシゲの笑顔、

ガン見してた(笑)

最後、URで、歌う時、こっちサイドも

よく見てくれて(そのお友達、美人でね)

シゲ担周りにいなくて、

恐らく、一緒に歌ってくれた、

と今も信じてる。

こういう錯覚大切じゃない???

帰りの車中、めちゃくちゃ盛り上がったわー(笑)

ほんと、見切れ席で、スクリーンなんて、

ほとんど見えなかったけど、一緒に歌えたっていう

錯覚は大切にしてる。

これ、大事だよね(笑)

 

EPCOTIAも、StrawberryもENCOREも

楽しかったなぁ。そこに行けたから。

 

EPCOTIAは、真上からシゲが降りてきて、

ぎゃあああってなった。

もう、見てるだけ。

ずっと見てた。

たくさんのシゲうちわに応えるシゲ見てた。

 

でも、今年はビビット5年目おめでとう、だけは

伝えたいな、って、うちわ作って。

会場着いたら、所々取れてて。ビの点々が

1つだぅたりして。どうしようかな、って

おもったけど、直せないし、持ってた。

そーゆー時に止まる。目の前で。

ぼんやり踵見てた。

そうしたら、くるっと振り返って、

下を見てくれた。

じっと。

そんな、頷くも、何もなく。

私は固まったまま、見上げてました。

 

今年は、本当にたくさんのシゲうちわがあって、

個々に応えるより、とにかく目に焼きつける感じで

見渡すシゲの姿がありました。

 

面ファンサに変わったんだよな、って

思ってます。

 

こんなにファンを見てくれるって、

嬉しいなぁ。

 

ファンの熱量に負けない熱さで見てくれる

シゲとNEWS。本当にありがとう。

 

視界に入らなくても、いいんです。

しげファンがここにいるよ、と

毎回伝えたいだけです。

 

その気持ちが、伝わったかも、って

思わせてくれるのが、

NEWSの凄いとこだと思います。

 

うん。

 

なんか、まとまらなくて、すみません。

 

そんな、彼らの新曲、

次に繋がりますように。

 

 

 

NEWS MAKES YOU HAPPY!

 

Shigeaki makes us happier!

 

行きたくない (角川文庫)

行きたくない (角川文庫)

 
傘をもたない蟻たちは (角川文庫)

傘をもたない蟻たちは (角川文庫)

 
チュベローズで待ってる AGE22

チュベローズで待ってる AGE22

 
ピンクとグレー (角川文庫)

ピンクとグレー (角川文庫)

 
ゼロ 一獲千金ゲーム Blu-ray BOX

ゼロ 一獲千金ゲーム Blu-ray BOX

 
閃光スクランブル (角川文庫)
 
Burn.-バーン- (角川文庫)

Burn.-バーン- (角川文庫)

 
チュベローズで待ってる AGE32

チュベローズで待ってる AGE32

 

 

付け足してもいいかな。

 

長野公演。

日曜日昼は、自分にとって、ラスト。

アリーナ後方で、まー、見えない(笑)

その分、歌声を楽しんで、

合唱するファンの歌声に包まれる感に震えた。

 

遠い席だったけど、シゲのリフター近くで、

福井は鼻の穴を見上げる角度が、

とても見やすく彼を見上げてて。

友達とシとゲのうちわを持ってた。

 

BE FUNKY!のラストをリフターのとこで

歌い終わったおかげで、

ジタバタしげちゃん見られて、超嬉しかった。

四銃士は、リフターの上から、スタンドを隅から隅まで見ていたシゲ。

 

降りて、メインステに戻る時、

シゲからシゲって、読めるように、

友達とうちわをクルクル交換してて

最後、ずーっと見送ってたら、

ちゃんと見てくれた。

ウンウンってうなづいたのは、

私、相当、アワアワしてたんだな。

わかったわかった、って感じで手を振ってくれた。

遠ざかって行ったら、友達が隣で泣いてて、

あ、ほんとだったんだ、って。

シゲは本当によく見てくれる。

隣の小山担と友達にも、シゲの目ヂカラスゴすぎ、

と言われ、終演後に後ろにいた友達にも言われた。

 

幸せだよ。

幸せだよ。

本当にありがとう。

 

隣の小山担も、ちゃんと小山さんは

見てくれて、指さししてからのお手振りで、

君だよ、って。優しすぎる。

 

あの広い会場でも、本当によく見てくれる

NEWSが好きです。

 

次は

STORY。

みんなでつくる物語。

ずーっと作ってきたよね。

これからも作り続けられるんだね。

楽しみだよ。

 

友達も話してたけど、

スタッフからオーラスサプライズされる

グループって、あまりないよね。

NEWSの愛され具合が

嬉しくて。

スタッフも、全国のNEWSファンから、

って、ありがとう。

 

これからもNEWS大好きだよ。

シゲ、大好きだよ。

 

 

f:id:kenkeng3:20190527055047j:image